読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやび☆りゅうの「わたくしスタイル」

エンタメ系Webライター兼、新米パパの雅龍(みやび☆りゅう)がお届けする、様々なこと。

「死幣-DEATH CASH-」が怖くて笑えて面白い! 

どうも、孤高のB型ブロガーみやび☆りゅうです。

先日観たドラマがどうしても頭から離れなくて、今日はそのドラマのお話。

 

TBS系で7/13から毎週水曜日0:10〜の放送が始まった深夜ドラマ「死幣-DEATH CASH-」です。

https://pbs.twimg.com/profile_images/745500013803954176/C-XJEJHj_400x400.jpg

「死幣」TBS (@suidora_tbs) | Twitter


 

これ、最初はただの深夜ドラマ的に観始めたんだけど、途中から怖いやら面白いやらで気になって仕方がありません。

今日はネタバレありの「死幣-DEATH CASH-」第1話のお話です。

 

「死幣-DEATH CASH-」番組説明

 

現代社会において一番怖いものはなにか?それは…“お金”である。本来お金は人を幸せにするはずのもの。しかし、お金がない人は生活に悩み苦しみ、お金を欲する。そんなとき、突然大量の一万円札が手元に届いたら…?あなたは使う?使わない?  

このドラマは「呪われた一万円札=死幣」を手にした人間が次々と不可解な死を遂げるという本格ホラーサスペンスだ。女子大生・南由夏の友人がある日突然、怪死を遂げる。死体の周りには大量の一万円札、そしてその福沢諭吉の両目にはどれも黒いシミがついていた・・・。その後、由夏の周りの人間に「死幣」の呪いが襲いかかる。仲間たちが次々と不可解な死に見舞われる中、由夏は刑事の若本とともに、ある法則性に気づく。由夏は死の運命から逃れることが出来るのか?

主人公の南由夏を演じるのは、今作が連続ドラマ初主演となるSKE48松井珠理奈。アイドルとして活躍がめざましいが、女優としても評価が高い彼女。現在放送中のTBSテレビ金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』では、主人公の甘酸っぱい青春時代を演じ注目を集めている。そんな松井が演じる由夏は、他人の死が見える第六感を持った女子大生。 死幣を使う友人の死を“目撃”したことをきっかけに、周りで起こる不可解な事件に巻き込まれていく。

テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』|TBSテレビ

 

 

「死幣-DEATH CASH-」第1話レビュー

第1話を観た後に思った感想は、「これ続きを観たい!」でした。

いろいろ突っ込みたいところはあるのですが、続きを観たい気持ちが勝ってます!

 

あらすじ

経済学部に通う大学一年生・南由夏(松井珠理奈)は怖い話好きな妹・小夢(清原果耶)から“死幣”の怪談を聞く。死幣はお金が欲しくてたまらない人に突然届く呪いのお金だという。そしてその死幣を使ってしまうと一万円札の福沢諭吉の肖像に黒い染みが浮かび上がり、使ってしまった人は残酷な死を遂げるという内容だった。

このとき由夏は知らなかった、これがただの都市伝説ではないということを…。

ある日、経済学部教授・財津(筧 利夫)のゼミに所属する由夏はしばらく連絡の取れない友人・橘郁美(西田麻衣)を心配し、同じゼミの先輩・三浦智志(山田裕貴)や、ゼミの仲間に聞いてみるが皆心当たりはないという。就職活動真っ最中の三浦は、お金は人を幸せにするものだと信じ貧困層を助ける仕事を志しており、その話を聞いた由夏は三浦の姿に憧れを抱く。写真写真 その夜、由夏は連絡が取れていなかった郁美が街頭インタビューを受けているのをテレビで見る。

女性は外見が大事だから整形したい、と答える郁美。由夏はその瞬間キーンという耳鳴りのような音とともに郁美の顔が一瞬ねじれたように感じた。この現象が起こるときはこの後何か不吉なことが起こることを由夏は知っていた。由夏には第六感のような不思議な能力があったのだ。

急いで郁美のアパートに向かう由夏。なぜか郁美の部屋の鍵が開いている。由夏が薄暗い部屋に入ると足元には焦げた一万円札が。さらに奥へ進むと、美容器具が散乱する部屋の中、ネックレスで首を吊った無残な姿の郁美がいた…。 

通夜の日、由夏や三浦ら財津ゼミの面々が弔問客として並ぶ中、一人の男が焼香に立つ。彼の名は若本猛(戸次重幸)。刑事だという若本は親族や弔問客に向け突然事情聴取を始めると言い放った。そして、遺体の第一発見者である由夏に犯行の疑いをかけ…。

  

テッペン!水ドラ!!『死幣ーDEATH CASHー』|TBSテレビ

 

三浦の頭に剪定バサミが刺さるシーンは衝撃!

第1話だけにいろいろ説明しなくてはいけないことが多いのか、セリフが説明的過ぎたり、「え? そこでそんな反応なの?」みたいな人間的なリアクションが不自然な演出が多いのですが、それ以上に演出が怖くて地上波のドラマにしてはかなり頑張っている印象です。

役者陣は筧利夫や戸次重幸がポジション押さえているものの、ドラマを引っ張る若い役者たちが、ちょっと弱いかな〜?

でもこのドラマ絶対次回も観ようと思いました。

 

一言一番今回の記事で言いたいことを言わせてもらえば

「最後の仕掛け、大人のピタゴラスイッチでしょ!」

あの部分の一度肩をすかす演出、嫌いじゃないです。面白い!

 

まとめ

まず、何を置いても吉岡里帆ちゃんが可愛いのですが、第1話はそこまで登場シーンはありません。「ゆとりですが何か」での好演も記憶に新しいところで、今回はホラーテイストの深夜ドラマ。今後どのような演技を見せてくれるのか楽しみです。

そして、主役の松井珠理奈ちゃんの今後占う重要な節目のドラマじゃないかなぁと思います。

 

そして、ホラーなのにテーマがお金。

ドラマ中でも「お金とは最も完璧な人工物であり、人間として生きる上では絶対にお金からは逃げられないのです」と筧利夫演じる財津教授も講義で話しているように、単純な怪奇現象というよりも、お金に縛られた現代人の業のようなものを描こうとしているのかなとも感じました。

 

暑くなってきたこの時期に最適とも言えるホラー。

お時間が許せば、観てみてはいかがでしょうか。

 

 

(追記)

ネットで噂になっている「死幣」で検索する奴ですが、できないときは

GoogleではなくスマホのYahoo!検索でやってみてください。

ブラウザとかOSが古いものでなければ、できるはずですよ。

 

 

 

 ↓他にもこんな記事を書いています↓ よろしければどうぞ!

miyabi-ryu.ua188.com

 

miyabi-ryu.ua188.com

miyabi-ryu.ua188.com

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで


follow us in feedly