読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやび☆りゅうの「わたくしスタイル」

エンタメ系Webライター兼、新米パパの雅龍(みやび☆りゅう)がお届けする、様々なこと。

最終話だけでも泣けるアニメ「ザンボット3」を観てみなよ!

アニメで胸が揺れる演出は嫌いではありません。

どうも、孤高のB型ブロガーみやび☆りゅうです。

 

いろいろと仕事などで皆さん自由になる時間が少ないと思いますが、そんな中でもぜひ見ていただきたい最終話だけでも泣けるアニメをご紹介します。

そのアニメとは富野由悠季監督の「無敵超人ザンボット3」です。

https://image.middle-edge.jp/medium/0dbb1ec38476ed5b1f87b94bfd3825ac.jpg

「無敵超人ザンボット3」残酷な人間爆弾に僕たちは涙しましたね。 - Middle Edge(ミドルエッジ)

 

 

ガンダム以前に富野監督が放った作品も相当なレベルで、話題作だったんですね。

 無敵超人ザンボット3とは?

『無敵超人ザンボット3』は、日本サンライズ(現・サンライズ)制作の日本のロボットアニメ。テレビアニメとして1977年から名古屋テレビほかで放映された。サンライズ(当時は日本サンライズ)が、前身の創映社より改組・独立後のオリジナル作品第1作。本作は名古屋テレビ製作である。後には珍しいことではなくなったが、当時の状況では東京・大阪以外のテレビ局がアニメ製作をするのは異例なことだった。

タイトルの『ザンボット3』は「三機合体のロボット」と「サンライズのロボット」という意味がある。

音楽には『天才バカボン』、『キューティーハニー』の渡辺岳夫、『世界名作劇場』の松山祐士。渡辺岳夫と松山祐士が初めてロボットアニメの音楽を手がけた作品である。いかにもスーパーロボットアニメ風な敵メカ登場時に、その名前がテロップで紹介されるなどの演出はあるが、戦火と荒廃の中での日常生活、戦闘シーンでのリアルな心理(特に戦闘に臨むことの恐さ)、ショッキングな人間の殺し方と初期から出演のサブキャラクターが犠牲者になる「人間爆弾」、主人公たちが周囲から非難の的になる、等のハードな設定と演出がある。

主人公たちは純粋な地球人ではなく、ガイゾックの攻撃から逃れ宇宙を放浪したのち地球に到着し、日本に移住してきた(江戸時代頃と思われる)異星人・ビアル星人の末裔である。この主人公たちが敵・ガイゾックと戦闘し、住宅や無関係な人への被害が出るため、主人公たちは地球にガイゾックを「連れてきた」と誤解され、一般の地球人から激しく非難される、という描写が物語前半では繰返し行われている。

 (Wikipediaより)

 

いわゆる当時の子供向けのロボットアニメとしてスタートしたはずが、富野由悠季さんのせいで、当時のスポンサー・プロダクション・広告代理店などが真っ青になったという逸話を持つ作品です。

主人公の声を旧ドラえもんの声を務めた大山のぶ代さんであったり、いろいろ注目されてもおかしくない内容です。

 

 

無敵超人ザンボット3 DVDメモリアルボックス

無敵超人ザンボット3 DVDメモリアルボックス

 

 

「ザンボット3」最終話について

ザンポット3の最終話は動画サービスではAmazonプライム・ビデオなどで視聴可能です。

この最終話だけ観ても切なさがあるというか、改めて全話見てみたくなる作品です。

富野監督の作品はどうしてもガンダムが話題の中心になりますが、この「ザンボット3」も、ガンダムに負けないほどの主張を感じます。

特に最終話でザンボット3を構成していた仲間がその命を捨てて臨むシーンなどは、旧日本軍の特攻シーンを彷彿とさせ、その後に判明する敵の正体に対しての虚しさなど、1970年代の子供アニメだとは思えない奥深さです。

子供向け、などと安易に考えて作品を作ることがなかったことが、富野監督の功績だと思います。

 

気になった方は、ぜひAmazonプライム・ビデオなどで観てみてください。

 

 

 

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

miyabi-ryu.ua188.com

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで


follow us in feedly