読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みやび☆りゅうの「わたくしスタイル」

エンタメ系Webライター兼、新米パパの雅龍(みやび☆りゅう)がお届けする、様々なこと。

【今晩にでも試したい】蒸しパスタでTKP(卵かけパスタ)

グルメ レシピ 料理

どうも、料理好きなB型ブロガーみやび☆りゅうです。

先日、パスタを茹でる時に塩もたっぷりのお湯もいらないという蒸しパスタの作り方を話題に挙げましたが、今日はそのパスタを使って作ってみたい超簡単スパゲティをご紹介したいと思います。

「蒸しパスタって何?」という方は先日の記事をご覧ください。

miyabi-ryu.ua188.com

 

今日ご紹介するのは、TKP。卵かけパスタです!

 

f:id:miyabiryuryu:20160509081345j:plain

※写真はイメージです。

 

今回ご紹介するTKPは2種類

卵かけパスタのレシピですが、今回ご紹介するのは2種類あります。

一つは簡単カルボナーラ風、もう一つは和風です。

 

1. 簡単カルボナーラ風TKP

材料(1人前)

  • スパゲティ 乾燥状態で80g程度
  • 卵 1個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 粉チーズ 大さじ2
  • 塩 少々
  • 黒コショウ 少々
  • 醤油 少々
  • (お好みで)ベーコン 1/2枚
  • (お好みで)パセリ 適宜

 

2. 和風卵かけパスタ

材料(1人前)

  • スパゲティ 乾燥状態で80g程度
  • 卵 1個
  • めんつゆ 適量
  • 醤油 少々
  • (お好みで)青ネギまたは大葉 適宜
  • (お好みで)刻み海苔 適宜

 

パスタの蒸し方

まずはパスタを蒸します。

蓋付きの大きめのフライパンを用意してください。(蓋は中が見えるガラス製などをおすすめします)

フライパンに400mlの水を入れ強火にかけ、沸騰したら2つ折りにしたパスタを入れ蓋をします。

しばらくすると泡が広がって中がボコボコしてきますので、そうなったら中火に火加減を落とします。

火加減に注意しながらパスタの袋に書いて有る標準茹で時間だけ蒸します。

基本蓋は開けない方が良いですが、水がなくなると焦げやすいので、水分がなくなるようでしたらお湯を少量足してください。

※加熱が終わった際に水気が多く残っていると蒸しパスタの効果が出づらくなります。水気が多く残った場合は弱火か余熱でスパゲッティ表面の水分を飛ばすとよりソースが絡みます。

 

簡単カルボナーラ風TKP

材料をふたたび。1人前の分量ですので2人前なら倍にしてください。

  • スパゲティ 乾燥状態で80g程度
  • 卵 1個
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 粉チーズ 大さじ2
  • 塩 少々
  • 黒コショウ 少々
  • 醤油 少々
  • (お好みで)ベーコン 1/2枚
  • (お好みで)パセリ 適宜

1.  卵をボールに割り入れよくかき混ぜます。(ボールを熱湯などで温めながら混ぜるとより食感が良くなります)

2. 混ぜ終わった卵に、オリーブオイルと粉チーズを混ぜ、塩と黒コショウで味を調えます。

3. 2で作った卵液に茹で上がりのパスタを入れ混ぜ合わせたら出来上がりです。

4. お好みでベーコンのみじん切りに火を通したものや、パセリを加えるとさらに美味しく出来ますよ。

 

和風卵かけパスタ

材料をふたたび。1人前ですので2人前なら倍にしてください。

  • スパゲティ 乾燥状態で80g程度
  • 卵 1個
  • めんつゆ 適量
  • 醤油 少々
  • (お好みで)青ネギまたは大葉 適宜
  • (お好みで)刻み海苔 適宜

1.  卵をボールに割り入れよくかき混ぜます。(ボールを熱湯などで温めながら混ぜるとより食感が良くなります)

2. 混ぜ終わった卵に、めんつゆをゆるくなりすぎない程度入れてください。塩味が足らないようでしたら醤油を入れ調整してください。

3. 2で作った卵液に茹で上がりのパスタを入れ混ぜ合わせたら出来上がりです。

4. お好みでネギや大葉、刻みノリなどを添えると見た目にも美味しそうになりますよ。

 

カレー風味のTKPも美味しいですよ! 

life-recipe.ua188.com

折らない蒸しパスタもお試しください。

 

まとめ

どうです? すごく簡単でしょう。

安くて簡単、美味しい卵かけパスタ(TKP)を今晩試してみてはいかがでしょうか。

 

追記 今朝のZIPでもTKP紹介されてましたね! 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

 

miyabi-ryu.ua188.com

 

お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらまで


follow us in feedly