もしも「世界からTwitterが消えたなら」

もしも「世界からTwitterが消えたなら」 by 雅☆龍 ※この物語はフィクションです。 あなたの大事な物は何ですか? あなたはそれを本当に大事にしていますか? 月曜日 朝目覚めたら妙に頭が痛い。 ボクはとりあえずスマホを取り出してTwitterアプリを立ち上げツイートした。 「おはよー! からの、頭痛なう」 キャベ…